行政書士試験に合格するために模擬試験を受る事も大事です

行政書士の試験問題の難易度は年々変わります。
それでも5%から8%の合格率になっているのですが、合格率が低かった年の次の年は合格率が上がったりするんですよ。
そんな行政書士の試験に合格するための勉強として、いろいろなスクールがあったり、問題集がありますよね。
人それぞれの勉強法があるので、この方法で誰でも合格なんてことはいえませんが、おすすめなのは模擬試験を受けることです。
たくさんミスしたり、合格点にほど遠かったりする人もたくさんいると思いますが、そんな時は落ち込まずに模擬試験の内容をしっかりと理解して、自分の苦手な部分をさらに勉強して把握していくことが大事です。
民法や行政法は、とにかく重要な語句について把握して、論点については熟知しておく必要があります。
あとは何といっても行政書士受験六法をしっかり学習するのが合格へ向かう道につながっているんだと思います。