プロバイダ契約気をつけなきゃダメ?

近年になって、光回線の業者の人が高齢の方が住むお宅を訪問し、しつこい勧誘を行ったり、判断力が低下したお年寄りを言いくるめて契約させるなど、光回線の契約に伴うトラブルが多くなってきています。
この事態を深刻にみて、総務省は契約後8日以内なら問題なく解約が行える光回線の契約に対しクーリングオフ制度を2015年にも導入する方針を明確にしました。
契約後のフレッツをクーリングオフするには、契約の内容が書いてある書面を受け取った日から8日間であれば書類で以て、申込の撤回を無条件におこなうことができます。
フレッツの強引な勧誘は問題になっており、クーリングオフをしたいという人々も多くいるといえます。
クーリングオフが不可能な場合には、解約にかかるお金を支払ったとしても解約したいと考える人もいます。
ソフトバンク系列の安い通信会社の場合でも、中途解約する場合に、違約金を払わないといけないのか大丈夫でしょうか。
これは、ワイモバイルとの契約時のプランによって変わるそうです。
契約内容が2年に満たないか3年に満たない場合の解約で9500円もの解除料金が発生します。
契約する場合には、きちんと説明を聞いてにプランを選んだ方がよさそうです。
住み替えをしたら、引越し先の家屋がフレッツ光の回線しか繋がっていませんでした。
かねてから使用していた通信会社を引き続き用いたかったのですが、別の選択肢がなく、契約書を取り交わしました。
月が変わるごとにあることなので以前の倍の値段の負担が辛いです。

プロバイダー契約の注意点とは?【サービス・料金・キャンペーン】