夜勤のない看護師の求人が主婦に人気?

一般的に、看護師は入院患者や緊急搬送される患者に対応するため、夜勤を避けられない職業の一つです。
夜勤の時間帯については、2交代制と3交代制のそれぞれの勤務形態で異なります。
2交代勤務では、夜勤が17時間近くなって長時間勤務になり、3交代勤務での夜勤となると、夜勤の時間は短めですが、休みと出勤が短時間で区切られた過酷なものになるケースもあるようです。
就職先として考えている病院がどのような勤務形態なのか調べておきましょう。
看護師が病院や医療施設などで仕事をする時、その配属先というのは、最も重要なポイントです。
同じ医療施設でも配属される診療科によって、大きく異なる仕事内容になります。
もし、自分のやりたいことができる配属先ならトラブルが生じるケースはありませんが、得意ではないと感じている配属先だと勤務先に親しみを持てない場合もあります。
医療機関で働く看護師は、勤務時間は多岐に渡っています。
そのため、お休みを安定して取れないといった不満があるのです。
医療機関では看護師は重要な存在ですが、でも、働く側から見れば良いとは決して言えない勤務実態である場合が少なくありません。

看護師として一般企業へ転職可能?【病院以外の求人探しどう?】