白髪染めのヘアマニキュアが染まるメカニズムは?

ヘアマニキュアの白髪染めの仕組みにはいくつかの種類がありますが、基本的には大きな違いはないと言えるでしょう。
ヘアマニキュアは表面に着色します。
表面のみに着色するという点がまず大きな違いだと言えるでしょう。
そして、着色の方法ですが、これはイオン結合というものを用いていると言われています。
イオン結合と言うのは、プラスのイオンとマイナスのイオンとが引き合って結合すると言うものなのです。
髪の毛はタンパク質から出来ていますから、複雑な構造を持っています。
プラスイオンの部分もあればマイナスイオンの部分もあります。
そしてヘアマニキュアの染料にもいくつかの種類があるのです。
比較的多いものとしてはマイナスイオンの染料があります。
つまり色素がマイナスイオンの性質を持っているのです。
これを髪の毛に塗布する事によって、髪の毛のプラスイオンの部分と結びつき、髪の毛が染まるのです。
イオン結合というと、比較的弱く、また水にすぐ溶けてしまうという傾向があるというのを化学の授業で学んだことがあると思いますが、ヘアマニキュアの白髪染めでは色々な工夫がなされていてすぐには色が落ちないようになっています。
しかし、水に溶けるという性質はありますから、ヘアマニキュアで染色してしばらくすると徐々に色が落ちていくという事は特徴の一つだと言えるでしょう。
ですから、色をキープしたいのであれば、ヘアマニキュアの白髪染めを一定期間ごとに使う必要があるのです。